日中英トライリンガル子育て

0歳からのゆる〜い日中英トライリンガル育児の記録。

プリスクール体験レッスン

f:id:elly-m:20171013211453j:plain

先日説明会に行った英語のプリスクールの、体験レッスンに長女が参加。

 

週1回、一時保育で利用しているのとは違うスクールです。

 

2歳半〜4歳児の4時間のクラスを前半だけ体験させてもらい、私も2時間ずっと見学(娘には気づかれないよう物陰から)。

 

その日は8人の子どもにネイティブ&バイリンガルの先生2人。

午前は自由遊び、サークルタイム、雨なので室内で動的遊び、ストーリータイム、合間に数回お茶やトイレトレーニングといった内容。

ランチをはさんで、午後は創作活動もするそうです。

 

娘は泣きはしませんでしたが、終始無表情で、楽しそうじゃない。

 

でも、手をつないで輪になったり、トンネルをくぐったりと、普段泣いて嫌がることもやっていて、親としてはひと安心。

 

クラスでダントツの小さな体で頑張っていました。

 

先生たちはとても元気で、教え方も上手。

生の英語のシャワーを浴びて、友だちからの刺激も受け、成長する娘の姿を見てみたい反面、費用対効果を考えるとやっぱりまだ通うのは早いというのが結論。

 

「英語は早いうちから」とはいえ、インプットだけなら家でもできているし、この先日本の学校に進むなら、高いお金を払ってまで、2歳でプリスクールに行く意味はないかなと。

 

それに普段はもっとクラスの人数が多いことを考えると、サークルタイムで毎回1人ずつ、名前や年齢などを答えるあの時間がまどろっこしく感じました。

くり返し聞くことが大事とはいえ、生徒8人でも長く感じて、娘も飽きていた様子。

 

もちろん他の子たちは楽しそうに通っていたし、英語もしゃべっていて、インターに通うこと自体は悪いことではないのでしょうが、長女の性格を考えると、アウトプットの環境は幼稚園入園後でも遅くはないはず。

 

プリスクールの1つの目標である、「英語を好きになること」は、長女はすでに達成していると思うので、我が家の場合はまずはお金をかけず、楽しく英語を聴いたり読んだりの「おうち英語」を優先しようと思います。