日中英トライリンガル子育て

0歳からのゆる〜い日中英トライリンガル育児の記録。

言語が混乱しないのか?

バイリンガル教育でよく言われる弊害。

母語である日本語がおろそかになるとか、

言葉が混乱するのではないかとか。

 

確かに最初はあると思いますが、

私はあまり気にしていません。

 

今まで海外で出会った友人の子どもたちは、

複数言語を上手に習得していました。

(彼らなりの苦労はあったでしょうが。)

 

例えばアメリカで出会った台湾人とチェコ人夫婦の子どもたちは、

中国語、チェコ語、英語はもちろん、

学校で日本語とスペイン語を習っていて、

話し相手に応じて見事に使い分けていました。

 

もちろん我が家と環境は違いますが、

「子どもが混乱したら…」という次元で悩んで

あきらめてしまうのはもったいないと思うのです。

 

帰国子女の方で、やはり日本語で苦労する方もいます。

元同僚に、バイリンガルの帰国子女がいて、

彼女の日本語は高度なものでしたが、

自然に身について羨ましいというような話題になったとき、

「たくさん本を読んで努力した」と

少し悔しそうに言っていたのを強烈に覚えています。

 

我が家では日本語を一番大切に。

子どもの様子を見ながら進めていきたいと思います。

 

f:id:elly-m:20170903150458j:plain